雑記に次ぐ雑記

体験と生活と芸術の考察ブログ

グルーガンを色々な物の修理に活用する

グルーガンを用いての修復について幾つか書きました。いつか役立つかもしれないので、ぜひご覧くださいませ。

1. プラスチック製の取っ手を復元

f:id:DaikiYamagishi:20160818110508j:plain

ある日、髪の毛を剃っている時に折れたカミソリの取っ手。成形が若干難しい。

f:id:DaikiYamagishi:20160818110511j:plain

固まるまでは柔らかいからだ。ぼよ~ん。寝かせているとどちらかに垂れていってしまう。

f:id:DaikiYamagishi:20160818110512j:plain

立てたら立てたでこうなる。ぼよ~ん。

なので、オススメは「一度固めてしまう」こと。ぼよ~んのまま固まっても、後からグルーガンの先っぽで表面を溶かして成形する。それを繰り返すことによって真っすぐにする。表面をなめらにしたり、均して太さを均一にしたり。そして、なるべく基部(折れた所)と凹凸がないように。

f:id:DaikiYamagishi:20160818110517j:plain

完成品。

ちなみに、

f:id:DaikiYamagishi:20160818110513j:plainf:id:DaikiYamagishi:20160818110515j:plain

こんなこともできる。冷めて固まると半透明になるけど。

(2015年7月3日)

2. 網戸の穴を補修

電気を消すと、どこからともなくやってくるアイツ(蚊)。最近は献血しまくってます。今までは「網戸の小さい穴なんて……」と思っていたが、昨日の深夜だ。蚊との一時休戦中にこんな写真を目にし、考えが変わった。

f:id:DaikiYamagishi:20160830133148j:plain

あ、ふさがなきゃ

襲われるたびに睡眠不足は嫌なので、侵入経路をふさぐことにした。全部で三箇所!

見た目は微妙だが、効果はバッチリ! 「穴をふさぐ」というのが第一目標な人は、グルーガン補修で良いと思う。

f:id:DaikiYamagishi:20160830133147j:plain f:id:DaikiYamagishi:20160830133146j:plain

一か所目。一番簡単だった。「ニュッ」っと一発。

f:id:DaikiYamagishi:20160830133149j:plain

2か所目は、「網と上枠の接着面」。

f:id:DaikiYamagishi:20160830133150j:plain

先ずは内側。

f:id:DaikiYamagishi:20160830133151j:plain f:id:DaikiYamagishi:20160830133152j:plain

さらに強度を高めるため、外からも補修。網の長さが余分にないので難しかった。

f:id:DaikiYamagishi:20160830133153p:plain f:id:DaikiYamagishi:20160830133154j:plain

軽く押して確認。剥がれない、よし!

f:id:DaikiYamagishi:20160830133155j:plain

三箇所目はレールとの隙間。この空間ってデフォルトでなんか意味あるのかな……。

f:id:DaikiYamagishi:20160830133156j:plain f:id:DaikiYamagishi:20160830133157j:plain

レールの部分は、グルーガンを逆さにして出す。オススメは温まったらコンセントを一旦抜いて作業をすること。コードが届かない所でも作業できる。おまけに、ドロドロにならず、程よい固さで出てきてくれる。

f:id:DaikiYamagishi:20160830133158j:plain

熱々だと、このように網が溶ける。なので、少し冷ましてからがベター。アツアツなのは恋人たちだけで良い。

補足として、「経年劣化で色が付くよ!」ということをお伝えする。

補修してから約8か月後の2016年3月。補修部分を見てみると、場所によって変色しているところがあった。 

f:id:DaikiYamagishi:20160830133159j:plain f:id:DaikiYamagishi:20160830133200j:plain

前者が日のあまり当たらない場所後者が日のよく当たる場所に設置されていたもの。日光の影響で黄色く変色することがあるみたいだ。

(2015年7月11日)

3. 蟻対策としての家の隙間埋め

夏のある夜。帰宅して、呆然。トイレから台所にかけて蟻の行列ができていた。外かよ。

f:id:DaikiYamagishi:20160831120647j:plain f:id:DaikiYamagishi:20160831120648j:plain

以前、ゴキブリがここに入っていくのを見たのをきっかけとして、ガムテープでふさいではいた。が、蟻は悠々と通っていた。

f:id:DaikiYamagishi:20160831120650j:plain f:id:DaikiYamagishi:20160831120649j:plain

そこで、アリが出入りしてると思われるところを埋めた。

・表面だけをふさぐ

・穴へ流し込む

方法は何でもいいと思う。塞がれば。

その結果、その穴からは蟻が出なくなった。そして、イタチごっこで根気よく埋めていったら、最後は完全に出なくなった。

SK11(エスケー11) ボンドガン ピタガン用スティック GM-120 GM-100用 50本入 クリア GMS-50

GM-120 GM-100用 50本入 クリア

目立たないので、使うグルーガンは透明の物が良い。それか、素材の色と同じ物。

(2015年7月20日)

4. 緩衝

20160909125141

「固い物と固い物が触れ合った時に出る音」を和らげたい時などに。

グルーガンが向いてない物・事

1. 精密な作業

f:id:DaikiYamagishi:20160916135450j:plain f:id:DaikiYamagishi:20160916135449j:plain

例えば、ドライヤーの折り畳み部分を修理する時。白い部品を固定する。

f:id:DaikiYamagishi:20160916135448j:plain

グルーガンは控えめに出してもこれくらいなので、部品を置いたときに溶けたグルースティックがはみ出てしう。「元の通りにはまらない」という可能性がある。

なので、グルーガンは精密な作業には向いてないと思う。ただ、簡単に剥がせるので、試行錯誤をしてみるのも良いかも。

2. ポリウレタン

ある日、水稲の苗に追肥するための尿素を水に溶かしているとき、「妙に人差し指だけ凍りそうだな」となった。穴が開いていた。

f:id:DaikiYamagishi:20161018140321j:plain

ちょっと出しすぎた。

f:id:DaikiYamagishi:20161018140322j:plain

グルースティックを出した後、押してすり合わせる。それは、穴の中に入りこませるため。

f:id:DaikiYamagishi:20161018140323j:plain f:id:DaikiYamagishi:20161018140324j:plain

結果、穴の開いていない関係ない部分は剥がれてしまうが、肝心の穴部分はくっ付いてくれた。穴の部分がポリウレタンではないからだ。

と、ここまでは良かったが、翌日にすぐさま剥がれた。ということで、ポリウレタンはグルーガンと相性が悪い。

(2016年5月3日)