雑記に次ぐ雑記

体験と生活と芸術の考察ブログ

シーリングライトの取り換えを自分でやったら、予想外に簡単だった

「どこもかしこも明るすぎるんだよ!」

f:id:DaikiYamagishi:20161019113649j:plain

かねてから、「こういうタイプの電気は明るすぎる」と感じていました。「2本もいらないじゃん」ということで、40形の方だけを外すことにしました。なぜ32形ではなく40刑を残したかというと、32形のみだと豆電球しかつかなくなるからです。片方だけでは点灯しない仕組みのようです。

器具ごと取り替えることにした

「なんか面倒くさそうだけど、新しい器具買うかー」

むき出しのシーリングライトを見ながらそう思いました。しかし、ネットで調べてみると、とても簡単に取り換えができることが分かりました。

marthanew.com

こちらのページが大変参考になりました。取り外しまでの説明を省きます。全て上のページを見ればわかります。

LEDシーリングライトの取り付け

f:id:DaikiYamagishi:20161019113644j:plain

「引掛けて、回す」

それだけです。簡単!

アイリスオーヤマ LED シーリングライト 小型 100W相当 昼白色 750lm SCL7N-E

※アイリスオーヤマ「LED シーリングライト 小型」

f:id:DaikiYamagishi:20161019113645j:plain f:id:DaikiYamagishi:20161019113646j:plain

自分にとっては、これで十分です!

f:id:DaikiYamagishi:20161019113650j:plain

このライトは洗面所や玄関、クローゼットなどで使用することを勧めているが、6畳部屋でもいい感じ。
※交換前の物と比べて2000lm程暗くなったが、不便は全く感じていない

番外:なぜ「白色」を選んだのか

「変えるなら電球色。変えるなら電球色」

ずっとそう思ってきた。理由は、「一番暗いから」だ。他の昼白色などは、目を刺すような刺激を受けるので好きじゃない。

f:id:DaikiYamagishi:20161019113651j:plain

なので、一旦は電球色を購入して取り付けてみた。

f:id:DaikiYamagishi:20161019113652j:plain

しかし、違和感を感じた。「全ての物に色が付いた」感覚。これは絵を描くときなんかによろしくない。ということで、「lmの低い(形の小さい)電球で白色にしよう」ということになった。

f:id:DaikiYamagishi:20161019113647j:plain f:id:DaikiYamagishi:20161019113648j:plain

天井がスッキリした!

(2016年6月15日)