感化と変化の記録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3.俺14

体験と生活と芸術の考察ブログ

数年ぶりにタバコを吸いたくなったのはサブリミナル効果のせいだと思う

f:id:DaikiYamagishi:20160926145732j:plain

先日、タバコを吸った。

数年ぶりにタバコが吸いたくなった

夜10時、なぜだか無性に吸いたくなった。空腹のせいなのか? 脳が勘違いしているのだろうか。でも、空腹を感じることはこの何年かの間で何度も感じている。珍しいことではない。

車を走らせる。15分経ち、初めの自販機に着く。

「taspoをお持ちでない方は購入できません」

そうか、じゃあ次だ。……。ここもtaspo。次だ。……ここもか。

「分かったよ! コンビニで買うよ!」

レジの前で選んでる時に店員と対峙している時のあの感じが嫌だったからだ。

f:id:DaikiYamagishi:20160926145733j:plain

スクリーンショット:株式会社きんしば Home. タバコ自動販売機. 免許証&タスポ自販機

このデータは、免許証でも購入できるたばこ自販機を販売している会社が出しているデータ。母数やデータを取った先が書いてないから真偽は全く分からないが、taspo導入によって購入者は減ってると思う。

ミヒャエル・エンデ『モモ』のせい

ガラガラで真っ暗なスーパーの駐車場。少し開けた窓から入ってくる雨を気にしながら、遠くの街灯からの光を頼りにタバコを吸う。

口に煙を含み、それが鼻を通った時、初めて吸った時の記憶が一瞬でよみがえった。記憶といっても明確な形をとっておらず、楽しさや懐かしさ、当時の高揚感などが抽象形で現れただけだ。

www.youtube.com

音楽だとこんな感じ。大学の時、友達につられて始めた。駐車場や学校の喫煙所で感じた、微かなアウトロー感。

タバコ特有の匂いってあるじゃないですか。味はそれぞれ微妙に違うにせよ、「タバコの匂い」っていうのが。Seven Starを吸ったのは多分初めてなのに記憶を呼び覚ましたのは、そのせい。

タバコの主流煙の匂いを嗅ぐたび、同じことが繰り返されるんだろう。良いことだ。

吸った煙を吐き出す。喉の焼ける感じが来た。

そして、あれほど吸いたかったのに、1吸い2吸いした段階で「もういいや」ってなった。これじゃない。銘柄とかの問題ではなく、タバコ全体が。

なぜ、急に吸いたい衝動に駆られたのか。あー、懐かしい、この感じ。味が懐かしおほぉ! むせる。空腹のせいではなく、ミヒャエル・エンデ『モモ』に登場する灰色の男が吸ってる灰色の葉巻。これが影響しているのではないか。

モモ (岩波少年文庫(127))

画像:Amazon

作中、様々な場面で葉巻を吸う描写が出てくる。

f:id:DaikiYamagishi:20160926145738j:plain

f:id:DaikiYamagishi:20160926145739j:plain

様々な形で煙の様子が描かれるし、「葉巻を吸う」という行為が何度も出てくる。それが心の深い部分を少し動かしたのかもしれない。ていうか、ほぼそれだろ。

2ヵ月に1箱のペース
(2013年2月27日 15:34)

20161031132337
今でしょ。
(2013年5月19日 19:18)

2013年からだから、この3年くらいの間で、タバコを吸いたいと思うことはあっても、実行に移すまでに欲求が強くなったことはない。

「吸いたい」と思ったことは数えるほどしかなくて、それはタバコの箱が落ちているのを見かけたときに何回か思っただけだ。「入ってたら吸いたいな」と。買ってまで吸いたいとは全然思わなかった。魅力的ではなかった。

あとタバコとの接点といえば、街での副流煙くらいだ。前を歩く喫煙者と歩くスピードが同じ時に、「まーた永続的副流煙だよちくしょう!」と腹を立てるので、タバコに対してプラスに働きかけるのは箱が落ちてる時くらいだった。

それ以外の時は、生活の中でタバコと接していない。だから、原因がほぼ特定できた。文字によるサブリミナル効果。

(2016年7月16日)