感化と変化の記録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3.俺14

体験と生活と芸術の考察ブログ

老人に埋もれながら見た時代映画

芸術・デザイン

毎週日曜日、個人が開いている時代映画鑑賞会。感性の足しにしようと、行ってみることにした。若い者を拒む様子は全くないのだが、若い者が全くいないので、無言の圧力を勝手に感じていた。

おじいさんは、理解可能である

2014年11月30日、13時。会場へと向かうと、中には防虫剤の匂いと共に会場いっぱいのお年寄りが。さほど広くないその場所に、椅子がいくつも並べられ、ほとんど空席がない。予想外の人の多さで、異様な光景となっていた。

偶然席が一つだけ開いていて座ることができた。扉のすぐそばの席、風が心地よい。主催者らしき人が前に出る。映画の前に説明をするらしい。

小さい頃はこういう場所とか、おじいさんが話す内容は、「理解できない、自分とは遠いところにあるものだ」と思ってきた。

いろいろな経験によって「理解可能である」という自信と確信を得てからは、そうではないと思えるようになった。

fromztoz.hatenablog.com

一度目は『カサブランカ』と『エデンの東』を鑑賞

鑑賞したのは『カサブランカ』。『As Time Goes By(曲)』とフランス国家のところは鳥肌が立った。

どうやら笑いと面白さのツボが違うらしい。「笑うほどでも無いことに笑ってるな」、「笑いたくてわらってるんだな」と思ったりもした。多くの人が笑うところで、面白さが分からなかった。

というより恋愛ものは無理なのかも。それとも「時代映画」というものがあわないのかな。面白さが分からん。カサブランカにしても、エデンの東にしてもnot yetってかんじ。

f:id:DaikiYamagishi:20160917154600j:plain

時代劇について思うこと

2014年12月7日。今日は時代劇だった。文言が聞き取れなくて何を言っているかわからないところが多かった。それでも楽しめた。

平成に作ろうが、「昭和につくろうが『時代劇』は変わらんな」と思った。それもそのはず、同じような時代のことを扱っているのだから。

テレビも自己実現のない時代。「いちゃいちゃ」とか、この時代にそんな言葉あったのかという表現や話し方が何度か出てくる。そういうのは気にしないんだろうな。

あと、チャンバラは形式化しすぎてリアルさがない。あれで一つのお決まりになってしまっているから、そういうものとして成立してしまっている。音とか血が出る表現とか、服装とか小道具はしっかり忠実なだけあって違和感を覚える。「あれ? 稽古かな?」と思ってしまう。だって刃が当たってないんだもの。

池の鯉を見ていて思った。「古臭さ」というものが出るのは変化しているからなんだ。鯉はいつ見ても見た目と行動が同じ。時代の影響を受けない。

現代の女性は、色気がないのか

兄妹の関係、客への対応など、すごく形式ばっていて人と人との間に距離を感じた。このつつましさ、なまめかしさみたいなもの――「ねぇーえー」とか――は今の女性にはないなと一度は思った。しかし、そうやって「色気がない」と感じるのは、ただの経験の浅さのせいではないのかとも思った。どの時代も表ではそういうのを見せず、好きな人の前だけ見せるのではないか。自分がそういう経験をしたことがないからなのではないか。

成り上がる感じ、好きです

今日見た作品は元禄10年代のことらしい。冴えないうどん屋が主人公。そば屋だったかな? ひょんなことから師匠に付いて槍術をやることになるのだが、それがもうてんでダメ。結局めちゃくちゃどんくさい主人公が、どんくさいまま敵のアジトに乗りこむことになる。

しかし、追い詰められたときに今まで上手くいかなかった技を繰り出せるようになった。その成長過程がよかった。初めはとことん弱くて、努力によって最強になる系の話が好きです。かっこいい。

手塚治虫の『ブッダ』が好きな理由の1つはそれ。ダイバダッタが好きです。

ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)

時代劇に西洋楽器?

この作品は、昭和35年ごろに作られた時代劇らしい。そこにピアノやバイオリンの曲が使われているのが面白かった。

映画を見終わるたびに、主催者を軸にしての意見交換の場がある。そこで楽器のことを質問したら、「何言ってるかよく分からない」という感じで流された。

話変わって、この「皆で見ようね」という内輪的な感じが好きじゃない。 放っておいてくれと思う。だからもう行かないことに決めた。

今日初めて時代劇を真面目にみた。若いと言うだけで歓迎される反面、「若いから、わかんねぇよな」と言われる事もあった。でも僕なりに感じることはありました。普段見ないジャンルだったせいか、得るものが多かった気がする。食わず嫌いはいけませんなと思った。今度はヤクザものとかも見ようかな。
(2014年12月7日 17:25)

(2015年9月12日)