雑記に次ぐ雑記

体験と生活と芸術の考察ブログ

グルーガンに関するメモ

グルーガンの出し方

基本は引き金を引きますよね。特殊なやり方として、「スティックの部分を後ろから押し出す」というのもあります。その際の引き金は、引いた状態・引かない状態のどちらでも良いです。動画でも説明しています。

グルーガンの出し方 - YouTube

(2015年7月3日)

ドバーッと使いたい時は「鍋直火」

グルースティックを流し込んだり、何かを包んだりしたい。そんな時は「鍋か何かで、直接に近い形で熱するのが良いのではないか」という結論になった。以下は、それにたどり着くまでの実験の様子。ホットボンドを溶かす色々な方法を試してみた。

1. 市販のメルトポット

グルースティックを溶かして、溜めておける道具、その名も「メルトポット」。 約800円。

f:id:DaikiYamagishi:20161004124720j:plain

メルトポットの間違った使い方 - YouTube

しかし、温度が低く、流し込めはしなかった。

f:id:DaikiYamagishi:20161004124721j:plain

溶かしたもので包んだらこうなった。ムラがすごい。もっと一気に包みたい。

因みに、このメルトポット。一度溶かしたら、それを取り除くのが困難。使う場合は色ごとに買う必要がある。

2. 電子レンジで溶かす

f:id:DaikiYamagishi:20161004124723j:plain

耐熱容器に入れ、600Wで2分やった結果。やはりといったところ。水分がないので上手くいかず。

3. 湯煎をして溶かす

f:id:DaikiYamagishi:20161004124727j:plain

瓶に入れ、プライパンで湯煎。 

グルースティックは湯煎で溶かすのには向いていない - YouTube

f:id:DaikiYamagishi:20161004124728j:plain

良く溶けなかった。単に、カチカチで謎の黒い物体が詰まった瓶が完成した。

ということで、鍋で直に熱するのが良いだろう。いつか試します。

(2016年1月18日)